読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗好き

おなかいっぱい食べたい。

先日、母とスカイプ通話をしていた時に一人で家にいたり電車に乗っていると呼吸が苦しくなってどうしようもなくなる時があるという話をした。


母からはパニック障害ではないか?と言われた。
母はすごく過保護だし、住んでいるところもすごく遠いのでなのですごくすごく心配していた。

 

私はどうやら自分で思っている以上にストレス耐性がない。
親元を離れてからさらにひどくなった気がする。

 

結婚して約4年。

何度か体調が悪くなり病院へ行くと決まって医者から「ストレスが原因です」という診断をくだされてきた。

 

どうしてもストレスをため込んでしまう性格らしい。

しかしストレスをためないように生きることがまたストレスの種となる。

 

遠く離れたところに住む母が健やかで充実した毎日を送っていてほしいように、母にとっても私がそんな毎日を過ごしていると思ってもらいたいのだが心配をかけてばかりだ。

 

この4年間、夫といろんなところへ出かけたりいろんな話をして毎日を過ごしてきた。
私たちは2人そろって友達が少ないので何をするにしてもいつも2人だ。


夫がいないとき私は一人で過ごし、私がいないときは夫が一人で過ごす。

 

今の職場になって私たちの休みの日が合わなくなってきた。

ちなみに私は仕事がある日は20:30頃帰宅し、夫は23時過ぎに帰宅する。
この私が帰宅してから夫が帰宅するまでの過ごす一人の時間がどうやら私のストレスとなっているらしい。

 

そこで出会った銭湯。
会社と自宅を結ぶ細長い直線の途中に♨マークが現れた。

 

19:00に会社を出て、食事をすまし、20:00銭湯に到着。
21:00過ぎに銭湯を出発し、22:00に帰宅。
夕飯や明日の準備をしていたら夫が帰ってくる。

 

銭湯に寄った日は心が安定している。これしかないと思った。
もし銭湯がなかったら変な宗教に入ったり夜な夜な繁華街へくり出していたのかもしれない。

そんな度胸ないけど。