読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗好き

おなかいっぱい食べたい。

白昼夢

こんな夢を見た。

体育祭本番。
私たちは創作ダンスで絶対優勝したいと思い、夏休みも学校に出てきてクラスの女子みんなで練習してきた。
曲はドラえもんのオープニング。
出来上がりはばっちりだ。
私たちはトップバッターだ。
入場の音楽が鳴る。
そしていざ、スタート。
ところがみんな力みすぎて全然体がスムーズに動かない。
そして緊張からか全然踊りを思い出せず、隣の人の見よう見まねでやるもんだから全員バラバラ。
結果、わたしたちは他のグループにダブルスコアくらい点を離された。
落胆するチームメイト。
そしてそこにタモリさんもいた。
私はタモリさんに『あんなに練習したのに全然ダメでしたね』と話しかけた。
するとタモリさんは『いや~楽しかったね!』と言って笑いながらどこかに去っていった。
そんな夢を見た。
 
 
夜、夫と散歩してたら向こうに一番星が見えた。
草むらで男の子がお母さんと天体望遠鏡覗いてた。

そういえば最近職場の上司Kさんが私に優しくなった。
というか距離を近づける感じに話しかけてくるようになった。
これはかなりすごいことだ。
このKさん、とにかく感じの悪い人なのだ。

彼女にはじめて会った時も、あまりの感じの悪さにすがすがしいなと思えるほどだった。
話しかけても無視、わからないことがあって質問に行っても手のひらで『あっち行け』される。
そんな彼女だ。
それが最近はやたら話しかけてくる。

今日なんか帰り際に『寒いから気を付けて帰ってね!まぁでもまだ若いから寒さなんか平気だよね~AHAHA』みたいなテンションで送り出された。

私は気付いた。

おそらく彼女は人見知りなんだろう。
そしてその人見知りが『攻撃』として表に出るタイプなのだろう。
私の周りには人見知りのあまり、やたらしゃべっちゃう人や黙り込んでしまう人がいる。
おそらく彼女の場合、人見知りがアウトプットされる際攻撃と化すのだろう。 

 

わたしは感じの悪い人を遠くで眺めているのが割と好きだ。

観察しながらその中に法則性を見出すのが好きなんだと思う。
どうゆう話に食いつくか、とか。沸点はどこか、とか。
我ながら悪趣味だ。そうゆうのをKさんに対してもやっていたため、いつのまにか彼女の飼いならし方をやんわり身につけてしまったらしい。
先日も、私の契約が今月いっぱいだったので総務の方からもう少し延長しないかとお誘いがあったのだが、延長の条件(勤務時間など)が私的に厳しかったので断る旨をKさんに伝えた。

 

するとKさん、めっちゃ引き留めてくる。
まさか引き留められると思わなかったのでこれには正直びっくりした。
結果、Kさんが総務の上の人に相談してくれて、私だけ特別条件で延長雇用してもらえることになった。正直、あの時しっかり断っておけばよかったと少し後悔している。

 

わたしはとにかくマイペースに生きたい。
人と一緒にいるとマイペースに生きられないのだ。
全然のんびりできないのだ。
なのでわたしは今、すごくがんばってマイペースに生きようとしている。
人との距離をおこうとしている。
あんまり面白いことを言って人が私に興味を持ったりしないように。
うっかり聞き上手になって、相手から身の上話をされたりしないように気をつけている。
 
 
そういえば今日、お昼休みに例の公園のベンチで一人飯していたら散歩中らしき親子(若いお母さんらしき人&4歳くらいの子供)が近づいてきた。
するとその子供、私の隣に座り、じっとこちらを見つめてくる。
わたしは少々困ってお母さんらしき人に視線を送る。
お母さんらしき人は私のことが見えてないのかと疑いたくなるくらいずっとその子だけに『◯◯くんどうしたの~?はやくこっちきて~』っと呼びかける。
しかしその子供は私の隣から動く気配が全くない。
そしてじーっと私を見つめている。
その親子の行動が対照的であたかもわたしがもう死んでいてこの世にいないのではないかと思うほどだった。
よく子供や動物は霊が見えるって言うし。
わたしはすぐにスマホを取り出して夫にLINEした。
 
返信有り。
大丈夫、ちゃんと生きてた。